神戸市景観

GovTech元年!テクノロジーが変える
「地域課題解決」の新しいカタチとは?

GovTech Summit
in 東京 丸の内SMBCホール

REPORT
2019.2.26

Greeting
主催挨拶

3連休の中日にも関わらず、多くの皆様に御参加いただき、ありがとう御座いました!

全国の自治体を始め、GovTechに関心を持ち、共にテクノロジーを有効に用いて豊かな社会創りをめざす方々に参加いただけたこと、本当に心強く思います。

「Urban Innovation KOBE」を始め、われわれ神戸市の取り組みは始まったばかりに過ぎません。他の自治体・スタートアップ企業・次代を担う皆さんと共に、豊かな社会を創るべく、より積極的な情報発信や交流を進めますので、どうぞ御期待ください。

また、神戸市は自治体の皆様や企業の皆様の訪問・視察もいつでも喜んで受け入れておりますので、いつでもお問い合わせください。

Video
動画配信

当日の様子を動画でアーカイブ化しておりますので、当日参加できなかった方もぜひ御覧ください。また、「UDトーク」による字幕でもご覧いただけます。

1. オープニング

2. 尾原和啓氏による
オープニングセッション

3. 経済産業省
スペシャルセッション

4. 自治体✕スタートアップ
共創への取り組み事例

5. スタートアップコミュニティ
から見る自治体の意味

6. 提言セッション

About
概 要

神戸市は、テクノロジーやデータを有効に用いて豊かな社会を作りをめざすスタートアップ企業と、行政職員が一緒に社会や地域課題を解決するためのサービス開発・実証実験を行う全国初の取り組み、「Urban Innovation KOBE」を2017年にスタートしました。

全国の自治体からこうした取り組みへの視察・問い合わせが多く寄せられるほか、いくつかの自治体が企業と連携し自治体の抱える課題をテクノロジーを用いて積極的に解決しようとするなど、「行政 x テクノロジー = GovTech」の潮流が、日本で生まれ始めています。

そこで、われわれ神戸市は、他の自治体・スタートアップ企業・次代を担うみなさんと共にUrban Innovation KOBEの成果などの具体事例や知見を共有し、日本全体の発展をめざす「自治体 × スタートアップ企業 GovTechサミット」を開催します。

GovTech 元年

日本でも省庁や鎌倉市など、様々な自治体で先進的な取り組みが始まっていますが、まだまだ黎明期を抜け出せずにいます。そんな状況を打破するために、神戸市は、
・他の自治体への知見の共有
・スタートアップ企業と自治体のネットワーク構築
・次代を担う仲間づくり
これらを通して、2019年をGovTech元年と位置づけ、大きな飛躍を目指しています。

課題先進国から解決先進国へ

わたしたち日本は少子高齢化・待機児童・医療費・エネルギーの供給など多くの課題を抱えていますが、実は、これらは世界が遅かれ早かれ直面する普遍的なものです。言い換えれば、わたしたちが共に取り組み・産み出す解決策は、世界のロールモデルとなり得る可能性を秘めています。

米国では、GovTechのマーケットが10兆ドル超えるなど世界のGovTech市場は膨大です。こうしたマーケットを日本の新たな起業家が開拓していく、そんなきっかけを私たち神戸市は、みなさんと一緒に作りたいと考えています。

Timetable
タイムテーブル

13:00-13:10 オープニング
13:10-14:10
オープニングセッション
GovTechという緩やかな革命 -テクノロジーを手に誰もが参加できる行政の仕組み-
  • 講演 尾原和啓
  • 対談 関治之(神戸市役所 チーフ・イノベーション・オフィサー / Code for Japan)
14:10-15:00
スペシャルセッション
「Digital or Die!」このままでいいのか日本!?
  • プレゼンテーション 「経済産業省が進めるデジタルトランスフォーメーション」
  • 経済産業省 商務情報政策局 総務課 情報プロジェクト室 室長補佐 吉田泰己
パネルディスカッション
現場の本音を引き出します!「Digital or Die!」時代のあり方。
  • 内閣官房政府 CIO上席補佐官・経済産業省CIO補佐官 平本健二
  • 経済産業省 商務情報政策局 総務課 情報プロジェクト室 デジタル化推進マネージャー 酒井一樹
  • 株式会社ウィズグループ 代表取締役 奥田浩美(モデレータ)
15:10-15:50
自治体×スタートアップ 共創への取り組み事例
Urban Inovation Kobeの取り組み
  • 神戸市役所 多名部重則
  • スタートアップピッチ
    • ためま株式会社
    • FlyData株式会社
    • コガソフトウェア株式会社
    • ディグランド株式会社
    • 株式会社トラフィックブレイン
    • ACALL株式会社
    • 株式会社モンスター・ラボ
パネルディスカッション
自治体xスタートアップの取り組み、失敗も成功もすべて公開します!
  • ためま株式会社
  • 株式会社トラフィックブレイン
  • 神戸市長田区
  • 神戸市役所 三嶋潤平
  • モデレータ 神戸市役所 中沢久
15:50-16:20
スタートアップコミュニティから見る自治体の意味
  • 株式会社ウィズグループ 代表取締役 奥田浩美(モデレータ)
  • 500 Kobe リエゾンオフィサー / 山下計画 山下 哲也
スタートアップピッチ&パネルディスカッション
  • 株式会社Compass 大津愛
  • 株式会社KURASERU 川原大樹
  • 株式会社DentaLight 藤久保元希
  • 株式会社Momo 大津真人
16:20-16:40
提言セッション
GovTech推進に向けて、共に動くために必要なこと
  • 神戸市副市長 寺﨑秀俊
  • 内閣官房政府 CIO上席補佐官・経済産業省CIO補佐官 平本健二
  • 関 治之 (神戸市役所 チーフ・イノベーション・オフィサー / Code for Japan)
16:50-17:30
グループ・ディスカッション
GovTechカフェ
参加者が少人数に分かれ、カフェにいるようなリラックスした雰囲気で、グループ・ディスカッションを行います。各テーブルは4名〜8名を想定しており、対話する内容は全国から寄せられたテーマで、そのテーマを設定した「テーブルファシリテータ」がつきます。
GovTechカフェ テーマ一覧
16:50-18:30 展示会・交流会

Speakers
登壇者

Guest
ゲスト

Special Movie
動画

動画Aサムネイル

「神戸は様々なスタートが集まっている」

本気で何かをスタートする
そんな人を神戸は本気で応援する

いろんな未来が集まる
アイデアの港町へ

Event
開催概要

は「展示会・交流会」を行います。是非ご参加ください。

東京のSMBCホールで開催

イベントは、〒100-0005 東京都千代田区丸の内1−3−2 SMBCホール(三井住友銀行東館 ライジングスクエア)で行います。

参加費無料

事前にご予約は必要となりますが、参加費は無料です。お気軽にご来場ください。

News
最新ニュース

GovTech サミットのウェブサイトが正式オープンしました!

経済産業省の後援、新経済連盟およびCode for Japanの協力が決定しました!

Partners
後援・協力

後 援

経済産業省

協 力

  • 新経済連盟
  • Code for Japan

Accessibility
アクセシビリティ

UDトーク
  • 本イベントではアプリ「UDトーク」を使用して音声認識と自動翻訳によるリアルタイム字幕を提供いたします。
  • お手元のスマホ/タブレットでご覧になる方は携帯用のバッテリーのご持参を推奨します。